社名 シー・アンド・シー 株式会社
所在地 〒017-0204 秋田県鹿角郡小坂町荒谷字手紙沢54-5
電話番号 0186-29-2976
FAX番号0186-29-3018
設立2002年12月21日
代表者 代表取締役 浅 石 敏 明
役員 取締役副社長 清 藤 幸 男
常務取締役 目 時 博 明
資本金 21百万円
従業員数 男子43名 女子10名 計53名
事業内容 鋼構造物工事業、機械器具設置工事業、建築工事業、とび・土工工事業、土木工事業、管工事業、同上付帯の設計業務、電波暗室工事
建設業等の許認可 国土交通大臣 認定 Mグレード TFBM-193627号
第一種圧力容器の製造許可 秋基(-)第45号
秋田県入札格付  機械器具設置工事 A級
秋田県入札格付  鋼構造物工事   A級
秋田県入札格付  建築工事     B級
土木・建築・とび土工・鋼構造物・電気・管工事業(特-3)第81694号
機械器具設置工事業 (般-3)第81694号
1級建築士事務所登録 秋田県知事 第18-10A-0650号
主要取引先 小坂製錬(株)、秋田工営(株)、DOWAテクノエンジ(株)、川田建設(株)、日立造船(株)、E&Cエンジニアリング(株)、川田工業(株)、TDK(株)、不二サッシ(株)、日本スピンドル製造(株)、コットレル工業(株)、神鋼環境ソリューション(株)、リバーランズエンジニアリング(株)、 (株)タナックス、太陽日酸(株)、巴機械工業(株)、秩父産業(株)、神鋼環境メンテナンス(株)、小坂橋建設(株)、(株)ユアテック、鹿角広域行政組合、小坂町、鹿角地域振興局、 東芝エネルギーシステムズ(株)、(株)小坂建設、(株)タクマ、JFEエンジニアリング(株)、三菱電機(株)鎌倉製作所、みちのくサービス(株)、(株)荏原製作所 、三菱マテリアルテクノ㈱、㈱竹中土木、新日本海重工業㈱、㈱IHIインフラ建設、㈱日本ピージーエム、㈱エスイー、三井住友建設㈱、西ノ森ファーム㈱、㈱ヤマナカ

沿革

1953年4月1日有限会社清藤鉄工所設立 小坂製錬所建設及び補修工事
1960年4月1日株式会社多田組 鉄工部門として操業
1993年7月23日(株)多田組と(有)清藤鉄工所の鉄工部門が合併 (合併により多田組鉄工事業部に組織編制)
1995年4月1日(株)多田組より商号を(株)タナックスに社名変更
2002年12月21日シー・アンド・シー有限会社 設立
2003年2月1日(株)タナックス鐵工部門より職員・従業員20名移籍
2004年1月31日工場機械設備を全てタナックスより取得
2007年2月11日東京出張所 設置
2008年2月1日プラズマ切断機設備導入による原板よりの製作体制
2009年2月1日 シー・アンド・シー株式会社へ 社名変更
2011年11月(株)東芝京浜事業所品質認定
2012年4月17日資本金を21百万円に増資
2012年6月13日土・建設・と・電・管・鋼 工事業を特定建設業に
2014年11月(株)東芝京浜事業所品質認定更新
2017年12月500tプレス導入
2018年1月ISO9001認証取得
2018年5月平成30年度 歩行者ファーストモデル事業所
2019年1月 プラズマ切断機更新(厚板50mm対応)
2021年1月CNCドリルマシン導入
2022年2月第三工場完成